bikablo® akademie @ドイツ報告会に参加しました!

先日、ケイキャリアパートナーズのセミナールームにて、bikablo® akademie @ドイツ 報告会が開催されました!

 

ドイツで15年も研究開発が進められてきた、ビジュアルファシリテーションやビジュアルストーリーテリングを現地で学ばれた小針美紀さんが、その学びと体験をシェアくださいました。


当日は、東京、富山、徳島、沖縄などなど、関西圏外からも多くの方がご参加されました。

参加された方の半数がグラフィック未経験者。お仕事や立場も実に様々でしたが、「自分の思いを伝えきる」「他者との深い理解やつながり」をグラフィックに期待する、という点で共通項があったように思います。

 

小針さんからは、ドイツで学んだグラフィックのスキルと共に、根底に流れるフィロソフィーが紹介されました。さらには、現地でそうした学びに触れてきた小針さんご自身の、それまでの葛藤や乗り越えた経緯、広がり、経験からの学びも同時にシェアされ、大いに刺激的かつとても暖かな2時間となりました。

 

グラフィックそのものの魅力とそれを使う人のポリシーやビジョンとがかみ合うことで、爆発的なエネルギーが生まれる様を目の当たりにして圧倒されました!

理想的な「学び場」「かたり場」は、こうして生まれるのですね。

 

小針さんたちは、10月に「ビジュアルファシリテーションフォーラム2017」を企画しておられますので、興味ある方はお出かけになられてはいかがでしょうか?

当日の様子